今日も美味しいカツカレー屋氏を探して三千里

かしこいカツカレー屋様巡りをしてた。
なぜにカツカレーかというと、単純に一石二鳥だから。
しかし、どこも一長一短、ん??似たような味覚だ。

カレー根源とカツ、ともおいしいカツカレー屋様は見つからない。
つまり、ほとんどの店頭はカレー根源は十分に考査してるのに、カツのプライオリティーはどの店頭も酷い。

しかし、横浜市に残る”●ん●”は元々トンカツ屋様だけあって、
カツは天下一品!! なんだけど、カレー根源はん??? なんでかなぁ・・。
でも、とんかつ屋様だからとんかつに賭ける喜ばしい根源と辛子がテーブルに置いてあるし、
その根源と辛子をトンカツにつけて、飯と一緒に採り入れる。
これだと、とんかつ定食を食べていらっしゃるような感じになった。

食する進行としては、ひと度トンカツに根源と辛子をかけて突き破る。
直後、残るカレーのルーと白い飯をカレーライスとして摂る。

なんかよくわからない意味が迷宮な食べ方だった。
店頭の従業員もおかしな面持ちをしていた。

卓球の決戦を見たり受講をしたりしていました

TVをつけたら、卓球の天王山をやっていました。生中継でやっていたので見ました。福原愛情プレーヤーの天王山をやっていました。勝っていたので良かったです。そして、習得をしました。細胞について習得しました。物理サイエンティストのフックは、顕微鏡で見晴らし、多数の中空のホールからできていることを発見しました。つまり、コルクの特質は無数の中空のホールからできている現象によることを突き止めました。主人が見晴らしたのは細胞困難のみが残る、死んだ細胞でした。フックは、コルクの切片を黒いペーパーに載せて前述から光を当てて、そのリフレクション明かりを見晴らしたので、空洞部位が黒く、細胞困難が白くスケッチされています。ルーツは、細胞の効能を調節します。ルーツ膜に包まれ、内部に染色ボディとルーツ小体があります。染色ボディには遺伝子(DNA)が存在します。ミトコンドリアはアニマル、植物のほとんどの細胞に豊か存在し、酸素を用いて有機物からエナジーを取り出すための息吹が行われています。勉強になりました。都度払い